「勉強しなさい!」
言いたい気持ち はわかりますが…

お父さんお母さんへ

学生のころというのは
何のために勉強しているのか ということは
なかなか実感することができません。


しかし、社会に出てみると
「学生のころにもっと勉強しとけばよかった。」って
思うことはたくさんあると思います。


だからこそ勉強をがんばらないお子さんを見て
その子の将来を考えると
「勉強しなさい!」って言いたくなる気持ちは
よくわかります。



でも、
自分が学生だったころをよく思い出してください。



勉強しろと言われれば言われるほど
やる気がなくなってきたり、
誰かと比べられてやる気がなくなってしまったり
というのは経験したことがあるはずです。



たしかに、
あまり勉強していない子が言われてでも少しは勉強してくれれば
やらないよりはかなり良いとは思います。



しかし、
何かをするときに人にやらされている気持ちを持っていたり、
誰かに勝ちたいという気持ちでは
本来の集中力を発揮することはできません。


両親がムリヤリにでも勉強させないと、勉強しないお子さんも
本当はみな 勉強しもっと成績を上げたいという気持ちを持っているのです。


ただ勉強のやり方がわからなかったりするだけなんです。


【天才の勉強法】では、
勉強習慣のつけ方、やる気が出る方法、具体的な勉強法だけでなく
勉強をする本当の意味 なども教えています。


もしもお子さんの勉強のやる気に関して悩んでいる のであれば
「勉強しなさい!」と言ってあげる代わりに
【天才の勉強法】をプレゼント してあげてください。


参加はこちらをクリック

合格したい!もっと成績を上げたい!

親 孝行をしたい!


  私の目標は、親に喜んでもらうためです。

 今まで私を育ててくれた親にとても感謝しているので
 親孝行として、
 収入の良い仕事に就職して親を楽にさせたいんです。


 でもそのためには、頭が良くないといけないと思って…。


 それに、
 私の家はそれほどお金を持ってるわけではないので
 高校は公立って決まってるんです。


 なので今の成績では入れないんです…。
 
 <私の目標>
  「公立高校に入って、親孝行をする。」

 安田様

自 分の夢を叶えるため

 
 勉強をしなければならない理由は自分の夢をかなえるためです。


 友達が病気でなくなって、
 その病気の薬が世界中でもないのです。

 それを私が開発したいなと思い、
 薬学の道に進みたいと思っています。
 それと、ひとりで自立して生活していくためです。



 京都大学のあの自由な学風の中で
 6年間を過ごしたいと思っています。


 京都大学に入学して卒業することが目標ですね。


 まずは、入学試験に合格することが目標です。

 小野様


参加はこちらをクリック